マイナーご当地グルメ、積丹半島界隈にある「天ぷらラーメン」

塩ラーメンに海老天がのった、天ぷらラーメン。積丹半島周辺のごく一部にあるローカルグルメです。先日、積丹半島の東側、古平町で食べてきました。

古平 天ぷらラーメン

 

もともとは、積丹半島の西側のつけ根部分に位置する岩内町が発祥で、岩内町のマイナーご当地グルメなようです。天そばの、そばとつゆが塩ラーメンになった、というスタイルです。

 

古平町で食べたお店でお話しを伺う限りでは、岩内町とは全く別、10年ほど前に独自に始めてみたということでした。しかも、海老が大き目なのでうちのほうがよい、というお客さんが多いですよ、とも。

今はテレビや雑誌でも取り上げられるようになり、むしろ岩内町よりも古平町のほうが、天ぷらラーメンとしては有名になってきているような・・・!?いつか、積丹グルメとしてメジャーデビューする日も!?

 

では、実際の味はいかに。少々怖いもの見たさという気分で口にしてみました。

これが、意外といけます。スープは若干塩気が強めに感じましたが、基本的にはあっさりスープ。海老天はサクサクしていて、スープに浸かると適度に柔らかくなり、衣が溶け落ちないくらいの絶妙なバランスを保っていました。さらに、天ぷらの油が少しスープに溶けて、気持ちこってりに変化。そして、お店の方が語っていたように、海老が意外と食べごたえあり美味しいのです。

 

積丹半島一帯はウニが有名な地域。ウニ以外にも美味しい海産物がたくさんあり、積丹の食事といえば、海産物が当たり前。そんな状況の土地へ訪れ、いざ天ぷらラーメンをオーダーするのは、ちょっと勇気がいります・・・。

でも、清水の舞台から飛び降りる気分でオーダーしてみてください!これ、意外といけます。初めての積丹旅行ならウニ丼でしょうけど、数回積丹へ訪れたことがあるという方は、ぜひお試しを!

天ぷらラーメンの提供店は、いろいろあるようなので、ググってお好みのお店を見つけてみてくださいね。ラーメンはかなり好き嫌いが分かれるので・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です