,

小樽にはなぜ餅屋が多いのか?老舗餅店「雷除志ん古」と小樽市総合博物館で歴史的食文化のルーツを探る

小樽の食・グルメといえば、寿司や半見揚げ、スイーツのイメージが強いかもしれません。 しかし、意外に感じる方がいるかもしれませんが、小樽はお餅の街です。 小樽にはなぜ餅屋が多いのでしょうか?老舗の餅店「雷除志ん古(かみなり
松前町、温泉旅館矢野の「くじら汁」

みなみ北海道ご当地グルメ「くじら汁」は正月を祝うハレの料理

松前町など道南(みなみ北海道)周辺では、正月を祝うハレの料理として「くじら汁」が定番。 くじら汁とは、塩クジラと山菜や野菜で作る汁物。 国内各地でもくじら汁を食す文化があるようですが、道南では古くから伝わるお正月には欠か
除雪中の札幌市電ササラ電車

札幌市電「ササラ電車」の秘密。いつ運行?どんな構造?詳しく解説

ササラ電車とは、車両の前後に取りつけられた竹のササラを回転させ、線路上の雪をけ散らしながら走る除雪車。 豪雪都市札幌を走る路面電車、札幌市電には欠かせない車両で、ササラ電車が運行する風景は「札幌の冬の風物詩」とも言われて
秋の知床五湖

世界自然遺産登録地の知床五湖周辺を守った「しれとこ100平方メートル運動」

知床は春夏秋冬いつ訪れても美しいです♪ なかでも、原生の自然の風景を誰でも手軽に楽しめる、定番の人気観光スポット・ビュースポットが知床五湖です。 でも「しれとこ100平方メートル運動」がなかったら、このような写真映えする
川北温泉(photo by nobuka)

オンラインで北海道の秘湯めぐりの温泉旅行をしませんか?

2020年7月9日(木)の夜、オンラインで北海道の秘湯めぐりの温泉旅行をしませんか? 大人の予備校札幌(おとよび札幌)さんにて、「北海道の秘湯」をテーマにZoomでのオンラインセミナーを開きます。   ☆★☆ 目次 ☆★
白老町、かつてのポロト湖畔(2010年9月、photo by nobuka)

ウポポイで民族共生なるか。アイヌほか国内外の先住民族政策の歴史より

2020年白老町のポロト湖畔にオープンしたウポポイ(民族共生象徴空間)。 開業に至るまで、日本国内では長年にわたりアイヌ政策の議論や見直しが行われてきました。 旅行者や見学者が訪れ観光振興にはつながるものの、ウポポイで民

学校法人京都育英館:苫小牧駒澤大学で地元学の講師とファシリテーターを務めました

仕事で苫小牧へ。 学校法人京都育英館の苫小牧駒澤大学にて、地元学の講師とファシリテーターを務めることになり、3日間お邪魔しました。 1日目は講義。地元学を進めるための取材手法やまとめる方法などを伝授。   2日
20191031 駒大苫小牧 講演風景

苫小牧駒澤大学にて「キャリアデザイン」の講演をしました

苫小牧駒澤大学にて、キャリアデザインという授業の一環で講演させて頂きました。 恐らく普通の人から見たらちょっと特異な私の仕事スタイルについてと「書く」ことについて、北海道各地を見聞きした中から特に学生さんへおすすめしたい

【ブラのぶりん】アイヌ伝説と義経伝説とUFO伝説が残る、平取町のハヨピラへ

平取町にある、アイヌ伝説と義経伝説とともに、なぜかUFO伝説が残るパワースポットのような場所、「ハヨピラ」へ。 地元の専門家のみなさんの調査に同行しました。 ハヨピラとは、オキクルミカムイの伝承が残る土地として地域の人た

平取町で地元学よそ者講師の一人として講演させて頂きました

ご縁を頂き数日間平取町に滞在。 地元で活躍されている方々を前に、僭越ながら地元学よそ者講師の一人として講演をし、地域のみなさんと「観光資源の可能性を秘める地元のあたりまえ」を探しに町内各地を巡りました。 熱い方々と素敵な