札幌の超人気店「紫陽花珈琲」のふわとろパンケーキ。いつお店に入ることができるの?

札幌で人気のカフェ、紫陽花珈琲。人気メニューは、パンケーキ。でも、駐車場が4台程度分しかないので、いつ行っても満車で入れません…。入れた時がラッキー。でも、何回もチャレンジして食べたくなるほど、美味しいです!

紫陽花珈琲 パンケーキ 札幌 カフェ

食べ物は人により好き嫌いありますし、ひと口にパンケーキといっても人の好みは千差万別。紫陽花珈琲のパンケーキはふわとろ系です。私は固めよりもふわふわ溶けてしまいそうなくらい柔らかいほうが好きなので、ここのパンケーキは、かなりド・ストライクなのです。

 

でも、難点は駐車場の台数が少なく、いつ行ってもなかなか入れないということ・・・。実際、10回くらい訪れて駐車場が空いていたのは1回くらい。駐車場が空いていると、「え、ほんと、臨時休業ではないよね?」と疑ってしまうほど。ホントになかなか入れません。単に私のタイミングが悪いだけ!?

円山と藻岩山の間の山麓にあり、平地が少ない立地。周囲にもお店や住宅が並んでいるので、そう簡単に駐車場を作れないのもわかります。別の場所を借りるにも、近隣にはなさそうですし、そもそもコストもかかるでしょうし・・・。

 

でも、それもまたよいのかもしれません。いたずらに駐車場が広いと大勢の人たちが押し寄せ、店内外で空席待ちの行列ができるに違いありません。

きっと、お店側としてもせわしなくなるでしょうし、お客さんもソワソワしてしまうでしょう。紫陽花珈琲は、ゆったりとまどろみながら、珈琲を片手にふわふわのパンケーキを食べられるお店。時が止まったかのような空気感と雰囲気を保つためにも、人が殺到して行列ができてしまうよりは、駐車場台数が不足しているくらいのほうが、よいのかもしれません。なかなか入れないという希少性も出ますし。

 

いつ入ることができるかわからない、行ってみて、運よく駐車場があいていれば入ることができる人気店。いつ入ることができるのか、という問いには、運です、という答えしかありません。

今日こそはと思いアタックしても、またフラれてしまうような、永遠の片想い感。そんな魔力にとり付かれた私は、きっと懲りずにまた通います。またいつか入れる日が来るまで・・・!